理想の顔になる

医者と看護師

様々な小顔になる方法がありますが、セルフケアではなく美容整形を受けたほうが確実です。ボトックスを使った方法など体への負担も軽減されているものが多いので安心をして施術を受けることができるようになっています。

詳しく見る

美容整形がおすすめ

看護師

小顔になる方法といえば美容整形が挙げられます。美容クリニックを訪れてみましょう。申込み方法は簡単です。まずはカウセリングの予約を入れます。施術法はカウンセリング結果によって各人に合う方法を提案してもらえるはずです。

詳しく見る

施術法がたくさんある

女性

小顔になる方法は美容整形がおすすめです。専門のクリニックで整形をすれば、簡単かつ迅速に理想的な状態にすることができます。ただし、施術後には副作用が生じる施術もあるので、その点は事前に調べておきましょう。

詳しく見る

適切なアプローチで解決

顔に触れる女性

小顔になる方法は色々なプランが存在していますが、それぞれに良い点が存在するので、最適なプランを選択して依頼しましょう。外科的なアプローチで対応すれば、効率的に顔の一部を小さくすることができるので効率性が高いです。

詳しく見る

美容整形で小顔になろう

医者

自分に合った方法で小顔に

美顔の特徴として顔が小さいことが挙げられ、特に日本人は小顔になりたいと考える方が多いです。欧米人と比較してみると、ボディに対して顔が大きいのでコンプレックスを抱えている方が少なくありません。小顔になる方法としてはボトックス注射がよく活用されますが、ほかにも脂肪溶解注射や輪郭注射などの方法があります。昔はエラ骨を切除する方法がよく行われていましたが、最近は注射が用いられることが多いです。顔が大きくて悩んでいる方は咬筋が発達している、脂肪・むくみがあるなどが原因です。顔太りは通常のダイエットでは解消が難しく、減量しても顔だけはそのままというケースが少なくありません。脂肪・むくみによる顔太りはエステで解消することも可能ですが、咬筋の発達によるエラ張りは美容整形でないと難しいです。確かにエラ骨切除をすれば永久にスリムな輪郭が手に入りますが、骨というのはそれほど削れません。現実は骨より筋肉のほうが分厚いため、ボトックス注射で咬筋を減退させるほうが小顔になる方法として効果的です。エラが張っていると顔が四角く見えてしまうので、逆三角形のフェイスラインを目指している方にボトックス注射はおすすめです。アゴのシワ解消にも役立ちますから、アンチエイジング効果も期待できます。身体が大きい人ほど顔は小さく見えますが、逆に身体が小さい人は顔が大きく見えます。また顔が大きく見える原因にはエラ張り、脂肪・水太りなどもあります。これらの原因によって自分本来の顔よりも一回り以上大きくなるわけです。コンプレックスを解消するためには顔痩せ施術を受けるしかなく、おすすめの方法はボトックス注射や脂肪溶解注射です。咬筋をほどよく緩めることによって筋肉太りを解消でき、優しい表情に変えることができます。脂肪溶解注射は脂肪太りに最適で、脂肪を溶解・排出することでスリムなフェイスラインに整えます。メスを使用した小顔になる方法にはエラ骨切除がありますが、骨量があまり多くない人だと効果は期待できません。小顔矯正手術は際限なく骨を削れるわけではないので、医師と相談しながら自分に合った小顔になる方法を選んでいきます。たるみで輪郭が下がってきた場合は糸を使用したリフトアップが効果的で、効果は1〜2年間くらいです。顔太りはシワを目立たせる要因になるので、気になったら早めに美容整形で解消させてください。悩みが本格的に気になり始めてから対策するよりも、初期の段階で対処しておいたほうがアンチエイジングのためにもよいです。ボトックス注射による施術は繰り返し受けることで、効果が安定してくるメリットがあります。

Copyright© 2018 エラ張りを解消して小顔になる方法【ボトックス注射で咬筋を減退】 All Rights Reserved.